SPIKEプライムクラス

SPIKEプライムは2020年1月に発売された最新の中級プログラミングロボットです
小学生から高校生が対象
プログラムには「ブロック・プログラミングのScratchタイプ」と「一般の記述式プログラミングのPythonタイプ」の2種類を使うことができます 従いPython言語の入門にも役立つでしょう
カリキュラムは次の4つに分けています
組み立て方法やセンサー機能を繰り返し勉強しながらレベルアップを図っています

  • SPIKE基本
  • SPIKE組立基本
  • SPIKEユニット
  • SPIKEPython

「SPIKE基本」カリキュラム (約7か月)

SPIKEプライムの機能やセンサーを学び、基本的なロボット動作のプログラミングを学びます。

課題テーマ
ラージハブラージハブとは
ハブのプログラム
モーターを1つ利用L,Mモーターとは
車の組立
前後移動
モーターを2つ利用車の組立
前後、回転移動
カラーセンサーの利用カラーセンサーの機能
カラーセンサーの取付
色、反射率の検知と移動
フォース(圧力)センサーフォースセンサーの機能
フォースセンサーの取付
圧力の検知と利用
距離センサー距離センサーの機能
距離センサーの取付
距離の検知と利用
ライントレース基本トレース
応用トレース

「SPIKE組立基本」カリキュラム

回転、上下運動、運動方向の変更などの基礎的な機構の例をその部分に絞って学びます
それぞれの動かし方やそのプログラムを学びます。
それを使った自由なロボットを作って楽しみます

番号課題テーマ
1組立アイデアの種ギヤ+ギヤ
ギヤ+ギヤ+モーター
2ロボットの動きをイメージつかむ
スイッチ
上下移動、横移動
ステアリング
ジグザグ走行
二足、四足歩行
水準器
距離グラフ
3モデル例と 改良、追加両方タッチ
つかんで持ち上げる
投げる
風をおこす
衝撃をやわらげる
首振りステアリング
4「てくてくパンダ」基本の動き
障害物を回避しよう
指示を出して動かそう
オリジナルの動きを考えよう

「SPIKEユニット」カリキュラム

「基本」「組立基本」で学んだものをベースに発展します
1つずつモーターやセンサーを追加してステップしながら、
SPIKEプライムのプログラミングを勉強します。

1インベンションスクワッド<設計と開発>
何かを発明したことある?
何かを修理したことはある?
ヘルプ! (課題設定)
ホッパーレース (プロトタイプの作成)
2つのテストモデル (効果的なテスト)
デバッグ  (評価、反復)
世の中に役立つ設計1
2キックスタートビジネス<社会とロボット>
素晴らしいアイデアを思い付いたら、みんなと共有
すごいアイデアはどんな時にだって訪れるよ
だから、アイデアを形にできる準備をしておこう
品質検査システム(問題の分解)
自動配送システム(プロトタイプの作成)
配達物追跡(パターン認識)
金庫のセキュリティー(条件を示す文を使う)
セキュリティーを強化しよう(複雑な条件を記した文章)
自動化してみましょう(アルゴリズムの最適化)
3ライフハック<生活の中の技術>
生活の中で役立ちそうなことは?
ダンシング(時間に関する演算をします)
エクササイズトレーナー(正数を使って演算をします)
天気予報データの活用(クラウドデータを使って)
IoTツールを作ろう(クラウドデータを使って数量的な操作)
農作物の給水タイミング(クラウドデータを使って調整)
色合わせ(配列を使って演算を行う)
社会に役立つロボット(複数のデータ操作を実行する)
4コンペティション <ロボットカーの制御>
競技大会ミッションに備える
トレーニングキャンプ1 モーター制御
トレーニングキャンプ2 物体を感知
トレーニングキャンプ3 ライントレース
アドバンスドライビングベース
新しいプログラミングブロック
ドライビングベース・アップグレード
ミッションにチャレンジ
基礎ミッション
5トレーニングトラッカー [高校生]以上 PCからのみ
データのグラフ化による様々なエネルギーの視覚化
ウォームアップ
データを使ってストレッチ
上り坂
スクワットジャンプ
足元に注意
狙い定めて
障害物コース